皆さん、こんにちは!今回ご紹介する工事内容は、水漏れによる浴室土台の腐朽箇所を床下から木材を使って補強する内容です。

 

 

浴室土台腐朽

浴室土台腐朽

左の床下写真は築28年になる2×4住宅です。

浴室からの水の浸透が酷く、土台は褐色腐朽しておりボロボロです。また、腐朽箇所にはルリ蟻が巣を造り大量に発生していました。

水漏れ復旧作業と並行し、床下の木材補強と防湿工事を行いました。

 

 

 

 

床下大引き補強

床下大引き補強

防腐処理した約10cmの角材を根太部分に掛け、鋼製束で支えます。

今回使用した鋼製束は1本で2tの荷重に耐えることが出来るので安心です。

 

 

 

 

 

調湿剤(竹炭)

調湿剤(竹炭)

浴室がタイル式のため、今後の浴室廻りの防湿を、調湿剤(竹炭)で補いました。

 

床下の工事はこれで完了です。

 

 

 

 

床下の防湿を真剣に考える 日野建築士より