外壁・屋根・その他塗装工事

塗装の対応年数を知り、定期的に塗装をする事は、家屋の資産価値を守ることになります。

外壁塗装工事

外壁の劣化の見分け方として壁を手で触って粉がつくような状態を「チョーキング現象(白亜化現象)」と言います。紫外線・熱・水分・風等により樹脂が失われ顔料だけが残っている状態です。この状態は防水効果が無くモルタル下地の劣化を早めてしまいます。
また、お家の北面は日当たりが悪いため屋根、外壁面に苔が発生しやすく、苔をそのままに放っておくと壁や屋根は水分を吸って基盤の部分にまで浸透し木を腐らせてしまいます。

Read more
屋根塗装工事

屋根の塗装は屋根材表面の塗膜劣化を再塗装することで、より長持ちさせる工事です。塗装が必要な屋根材はスレート系、セメント系、板金系等が挙げられますがいずれも劣化の状況や、その屋根材の性質により適正な下地処理や下塗剤で塗装する必要があります。
また塗料の種類も豊富で、最新の遮熱・断熱塗料が注目されており、屋根材の劣化を防ぐだけではなく断熱機能より居住空間を快適にしてくれます。

Read more
その他 塗装工事

お家の塗装工事は外壁・屋根だけではなく、室内では壁や木部の塗装。屋外ではベランダの防水工事、駐車場のシャッターなど鉄部の塗装があげられます。
鉄部に至っては錆による腐食の進行が早いので定期的な塗装が必要です。またベランダでは防水効果が切れてしまうことにより雨水が浸透し1階天井の雨漏り、ベランダ下地、木部の腐朽によりお家を早く傷める原因になっています。

Read more