住宅用高断熱材ウレタンフォーム 「ハンディーフォーム」

ウレタンフォームとは、何?

ウレタンフォーム吹付け後

家はそれぞれ特徴がありますが、断熱改修工事には、2液性簡易発泡ウレタンフォームがお勧めです。

もともと冷蔵庫の断熱材として使われ始めた素材ですが、一般的によく使われているグラスウールとの比較では、

断熱性 熱伝導率(Kcal/mh℃)

ウレタンフォーム:0.020
グラスウール  :0.040

性能を数値で考えると、ウレタンはグラスウールに比べて約2倍の断熱性能をもっています。

例えばウレタンを40mm吹付けたときグラスウールでは80mm入れないと同等の性能を得る事ができないのです。

つまりウレタン40mmの性能はグラスウール80mmと同じ性能なのです。

実際には壁の中に80mmのグラスウールを充填する事は困難ですし、グラスウールのような繊維系断熱は自重により落ち込み、上部に隙間が生じたりします。このような状態だと何のための断熱材なのか分かりませんね。

しかし、ウレタンは圧縮強度が高いので経年変化に対する寸法の安定性に優れています。
現場で発泡することにより隙間なく断熱を行う事ができ、吹付け後の現場検査をし、適合してからの次の工事に移れる施工管理のしやすい断熱材なのです。

グラスウールだとどうしても隙間・たるみが生じ断熱性能が低くなりますが、ウレタンは冷房・暖房のエネルギー効率や遮音性、気密性を高め、施工性がよく、環境にやさしい効果の高い断熱材です。

発泡ウレタンとグラスウール
発泡ウレタンとグラスウール

発泡ウレタンは、
最高峰の断熱性能を誇る断熱・気密を同時に施工できる断熱材です。
わが家の省エネ対策が短期間で実現します。

ウレタン5つの性能
ウレタン5つの性能🔍

※断熱施工に使用する発泡ウレタン「ハンディフォーム」は業界団体よりノンホルムアルデヒド商品(F☆☆☆☆)の認定を受けており、また、揮発性有機化合物(VOC)も含まれておりませんので、シックハウス症候群の心配がありません。

断熱材性能(熱伝導率について)
断熱材性能(遮音性について)
施工個所
ハンディフォーム施工例